ピックアップ

【+Stories.】家庭を大事にできる環境 産休・育休の経験談5選

さまざまな「仕事・働き方・職場」の実例を知ることは、「こんな働き方ができる会社があるのか」「こんな仕事があるのか」とキャリアの選択肢を広げるきっかけにもなります。この記事では、産休・育休を取得した人の実例をお届け。思わぬキャリアのヒントに…

転職活動、辞めてから始める?今の仕事を続けながら始める? それぞれのメリット・デメリットを解説

転職活動をするなら、今の仕事を辞めてから、やるべきなのでしょうか。それとも、仕事を続けながら、やるべきなのでしょうか。今回は、今の仕事を辞めてから転職する、メリットデメリット・今の仕事を続けながら転職する、メリット・デメリットをご紹介しま…

仕事にやりがいは必要? キャリアカウンセラーに聞いてみました!

やりがいとは、具体的にどういうものなのでしょうか。そもそも、仕事にやりがいは必要なのでしょうか。いろいろな疑問が浮かぶ、「仕事のやりがい」について、今回は、キャリアカウンセラーの三上温子さんにお伺いした記事をもとに考えていきます。

こんなプロジェクトは「炎上」する。PM界きってのトラブルシューターに学ぶ、“火種の種類と火消しテク”

多くのプロジェクトマネージャー(PM)が恐れる「炎上」をうまく回避し、プロジェクトを無事に着地させるための心構えや技術について、日本IBMなどで、PMとして数えきれないほどの炎上プロジェクトを解決してきた木部智之さんに伺います。

「レベル1」に戻る勇気。48歳で美大を受験・合格した青田努さんに、社会人が学ぶ意義を聞いた

人事のプロフェッショナルとしてさまざまな企業で活躍し、2024年春には多摩美術大学に合格した青田努さんに、社会人ならではの「学ぶ醍醐味」を伺いました。

【調査】転職を後悔している人は4人に1人!「後悔しない」ために注意すべきことは?

転職すれば必ずしも仕事環境が好転するわけではありません。自身が就業先に求めるものを整理し、マッチした企業に転職できれば良くなりますが、希望に合わない企業に転職してしまうとギャップを感じて結局、転職を後悔することになりかねないのです。 では、…

あなたの仕事はなぜ成果につながらないのか。キーエンスの元No.1セールスパーソンに聞く「正しい努力の仕方」

『数値化の魔力』の著者で、キーエンス時代に全社営業ランキング1位を3期連続で達成した岩田圭弘さんに、「数値化」という仕事術についてお伺いしました。

4月・5月は転職活動の進め時? 転職のベストシーズンを探る

「いつか転職したいと考えているけれど、具体的に動き出す時期を決めてない」という方は、差し迫っていないからこそ、転職活動の「スタート時」を逃しがち。しかし、4月~5月は転職活動を始めるにいいタイミングのようです。採用動向や転職経験者の体験談を…

【新入社員への引き継ぎ・異動・転職時に】引き継ぎを確実に行うための5ステップとNGポイント

新人が入ってきたり、転職や部署異動があったり、自分の仕事を誰かに引き継ぐタイミングは誰にでも訪れるもの。とはいえ、引き継ぎをする機会はそれほど多くないうえ、引き継ぎをする時期は何かとバタつくこともあり、つい手を抜いて最後の最後に仕事ぶりに…

今の仕事を手放したくない人こそ知ってほしい、「燃え尽き症候群」の乗り越え方を専門家に聞いた

「バーンアウト(燃え尽き症候群)」を研究する久保真人先生に、バーンアウトの乗り越え方、防ぎ方をお伺いしました。

「転職で年収アップ」を目指す時に必要な2つの視点と注意すべき落とし穴

どうせ働くなら、より高い賃金をもらいたいと思うのは当然のこと。とはいえ、「30代になったのに年収500万に手が届かない」「こんなに頑張っているのに、周りの人に比べて年収が低い」など、思うように年収が上がらないという人もいるのでは? そこで、今回…

「ちゃんと」「しっかり」をビジネスで使っちゃダメですか? 副詞の使いこなし方を専門家に聞いた

「ちゃんと」「しっかり」などの副詞をビジネスシーンで使うコツとは? 日本語研究者の石黒圭さんに伺いました。

コミュ力を高めることが“シゴデキ”になる近道!要素・手段別の鍛え方

ビジネスシーンのコミュ力とは、仲良くなるスキルやおしゃべり上手なことではありません。仕事で必要な情報を適切なタイミングで伝え、また受け止め、聞き出す力のこと。仕事をスムーズに進めるうえで欠かせないコミュ力の鍛え方などを解説します。

「傾聴力」とは? 「聞き上手」な人の特徴と鍛える方法

傾聴力とはどのような能力のことを指しているのでしょうか?今回は傾聴力の意義やビジネスシーンで活用するためのコツ、具体的な練習方法などをご紹介します。

仕事は思い通りにいかなくて当然。失敗とカジュアルに付き合うための「絶対悲観主義」

経営学者の楠木建さんに、「絶対悲観主義」というご自身の仕事哲学を伺いました。「たいていの仕事は失敗する。だからこそ淡々と取り組もう」。ビジネス書を賑わせる意識の高い思想に、違和感を覚えてしまう人は必見です。

仕事で差をつけるChatGPT活用術。初心者でも使えるテクニックを達人に聞く

ChatGPTは仕事の効率化に使えるのか。時間を食う資料の作成やExcelの集計作業など「面倒な仕事」を代わりにやってもらうコツをからあげさん、カレーちゃんさんに聞きました。

語彙力とは?「うまく伝わらない」を克服する鍛え方7選

「自分の考えや意図が相手に伝わらない」と困っていませんか?その悩みは、語彙力を鍛えることで解消できるかもしれません。「語彙力」とは「知っている言葉の量」ではなく、「時と場合に合わせた言葉を選んで、相手に伝わる説明ができる力」のこと。もっと…

なくすべきムダと放置すべきムダの見極め方とは。「ムダ作業の減らし方」を専門家に聞いた

少しでも仕事を効率化し、ムダ作業によって生じるストレスを減らしていくために、何ができるのか。株式会社リビカルの代表、元山文菜さんに伺いました。

「周りに置いていかれる」若手がゆるい職場に不安を覚えるワケ

「ゆるい職場」というと居心地がよく、働くうえでのデメリットが少なく、長く働くにはもってこい。そんな印象を受ける人もいるかもしれませんが、近年「ゆるブラック」という言葉が生まれ、「職場がゆるい」ことに危機感を抱き、退職を検討する若手の存在が…

「なりたい自分」がない人はどんな仕事人生を歩めばいいですか? けんすうさんに聞いてみた

「なりたい自分」を定め、自分のキャラクター設定をチューニングすることで行動を促す「物語思考」の手法について、古川健介(けんすう)さんに伺いました。

怒られた時のダメな謝り方とは? 「良い謝罪」と「悪い謝罪」の違いを研究者に聞いてみた

効果的な謝罪をするために必要な考え方やテクニックとは。名古屋大学教授の川合伸幸さんと東京大学大学院准教授の古田徹也さんにお伺いしました。

『名探偵コナン』はなぜ令和になっても人気なんですか? 初代プロデューサーの諏訪道彦さんに聞いてみた

『名探偵コナン』の初代プロデューサー、諏訪道彦さんに、長きにわたって愛されるコンテンツの作り方を教えていただきました。

「なるほど」って目上の人に使うと失礼ですか? 国語辞典の編纂者・飯間浩明さんに“本当のところ”を聞いてみた​​

「なるほど」は目上の人に使うと失礼にあたるーー。そんな噂の真相を国語辞典の編纂者・飯間浩明さんとともに深掘りします。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の制作進行・成田和優が語る、プロジェクトマネジメントの極意。メタ的に見て、細かく考え続ける

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の制作進行を務め、『プロジェクト・シン・エヴァンゲリオン -実績・省察・評価・総括-』の執筆者となった株式会社カラーの成田和優さんに、プロジェクトマネジメントの面白さ、そして極意についてお伺いしました。

IT・経理・事務・企画は10年以内になくなる仕事か? 将来なくならない仕事とはどんな仕事?

相次ぐDX化や生成AIの登場で、私たちのビジネス環境は激変しています。 そこで、今年の新入社員に「今の仕事(職務内容)は何年後まであると思うか」を調査したところ、「20年以上」は4割にとどまるという驚くべき結果が出ました。

マンガ家・藤田和日郎に聞く 数え切れないダメ出しを乗り越えて見出した「仕事の本質」

『うしおととら』や『からくりサーカス』などの作品で知られるマンガ家・藤田和日郎先生に仕事哲学や仕事に向き合う姿勢を伺いました。

「1位になれない」と気づいてからが勝負。ファーストサマーウイカに教わる「自己プロデュース術」

【MEETSCAREER】ファーストサマーウイカさんは、自分のことを「すべてが60点から70点の人間」と言います。さまざまなフィールドで稀有な存在感を放てる背景にあったのは「自分は1位になれない」という冷徹な自己分析と、それに基づく巧みな自己プロデュース…