4月・5月は転職活動の進め時? 転職のベストシーズンを探る

転職活動を進める人


「いつか転職したいと考えているけれど、具体的に動き出す時期を決めてない」という方は、差し迫っていないからこそ、転職活動の「スタート時」を逃しがちです。そこで、今回は採用動向と転職経験者の体験談をもとに、転職活動を開始するのにベストな時期を探ってみました。

※この記事は音声配信でもお届けしています。「ながら聞き」したい方はこちらから!
https://voicy.jp/channel/4565/1200492

求人が多いのは2月〜3月と8月〜9月?

あるキャリアカウンセラーによると、企業の採用活動が活発化するのは2月~3月にかけてだとか。これは、新年度を迎える4月に向けて、企業が社内体制を整備するためだそうです。

同じ理由で、下半期がスタートする10月に向けて採用を行う8〜9月も採用活動が盛んになります。これらの時期は、いつもはなかなか見られないレアな求人情報が公開される可能性も。転職先の選択肢が増えるのは、転職活動を行う転職者にとって大きなメリットでしょう。

ただし、求人数が増えるのに比例して、応募者もこの時期に増えていきます。準備不足で粗が目立つ履歴書や冷やかしの応募は、当然ふるいにかけられます。4月入社を目指すなら1月ごろから、10月入社を目指すなら7月ごろから、しっかりと準備を進めておきましょう。

4月〜5月の求人は「採用意欲」が高め?

前章で求人数の多い時期を紹介しましたが、その時期だけが転職の好機とは限りません。4月入社のための採用活動が落ち着いた4月~5月は、求人件数は減るものの、企業の採用への本気度はより高くなっています。

というのも、この時期の求人は事業年度とは関係がなく、新体制発足後に人手が足りない部署へ人材を補てんしたり、退職者が出て穴が開いたポストを埋めたりといった、急を要する求人が多いためです。選考も早く進み、企業が求める人材とのマッチ度が多少低くても、入社できるタイミングを重視して採用される可能性があります。

また、ライバルが少なくなるのもこの時期。新年度を迎えることで業務が忙しくなり、在職中の方は転職活動を進める余裕がなくなりがち。同じく在職中で転職を考えている方は、忙しい時にあえて転職活動に踏み切ってみると、意外とスムーズに進むかもしれません。

ゴールデンウィークなどの長期休暇は転職活動にメリット大

続いて、転職経験者視点からのお話もご紹介しましょう。転職する側にとって活動しやすい時期は、長期休暇が活用できるタイミング。例えば、ゴールデンウィークやお盆休み、シルバーウィーク、年末年始休暇などは転職活動を進めやすいでしょう。

というのも、履歴書や職務経歴書の準備、面接の準備などは意外と時間がかかるもの。そして、きちんと準備された履歴書と、急いで作って内容が精査されていない履歴書では当然、あなたの人材としての魅力の伝わり方に差が出るため、選考の通過率が変わってきます。

まとまった時間を取りやすい長期休暇は、職務経歴書を作ったり、企業の検討が幅広く行えたりと、しっかり準備ができることはもちろんのこと、気持ちの余裕が生まれるのもメリットといえそうです。

夏ボーナスで損したくない人も、4月・5月が動き出しの時?

現在ボーナスが支給される会社に在籍している方は、ボーナスのタイミングを加味するのもありかもしれません。転職するとしても、ボーナスはそれまでの働きに対する報酬。もらってから転職するのは悪いことではありません。

その場合、ボーナス支給日に在籍していないとボーナスが支給されない会社もあるので、退職日はボーナス支給日より後にするといいでしょう。夏ボーナスは6月下旬から7月上旬に支給する企業が一般的。よって7月に退職するとなると、6月前半に内定を得ておきたいところ。逆算すると、4月・5月は転職活動をスタートさせるのに良いタイミングであることが分かります。

また、ボーナスの支給時期には、ボーナス査定結果のフィードバックと合わせて上司と面談がある方もいることでしょう。上司が忙しい、改まって話し掛けるのが気まずいなどの理由で上司に退職意向を伝えるのが難しいという方は、このような面談の機会に合わせて話をするというのも1つの方法です。

過ごしやすい季節は転職活動のハードルも低め

転職活動のしやすさに意外に影響してくるのが気候。普段はカジュアルな服装で仕事をしている人も、転職活動中はスーツやジャケットが必要になります。昨今は「面接はクールビズでお越しください」「カジュアルでどうぞ」と言ってくれる採用担当者もいますが、すべての企業がそうとは限りません。

夏の暑いなか、スーツを着て面接に赴くのは大変です。また、歩くだけで汗だくになるので、面接の30分前にオフィスの近くに移動し汗が引くまで喫茶店で待つなど、早めの移動が必要になったりカフェ代がかさんだりというお悩みもよく聞くところです。

本格的に暑くなる前で、フォーマルなコートを用意する必要もない4月〜5月のシーズンは、気候の面でも転職活動をしやすい時期と言えそうです。

【まとめ】4月~5月の転職活動は選考が進みやすくボーナス損もなしの傾向

以上、転職活動のタイミングに影響する要素をあげてみました。総括すると、春は比較的転職活動をすすめやすいタイミングと言えるでしょう。
春の転職活動がおすすめの理由

「いつか転職」で特に時期を決めていないという方は、この機会に春に狙いを絞って転職活動をはじめてみてはいかがでしょうか?

文・ミーツキャリア編集部


今日の学びをX(旧 Twitter)にメモ(読了メモ)
このエントリーをはてなブックマークに追加