「なりたい自分」「自分らしいキャリア・生き方」を叶えるヒントを、成功者のインタビューから学ぶ

どんな仕事をしたいのか。それは「どんな働き方をしたいのか」「どんな生き方をしたいのか」に通ずる問いです。5年後、10年後、20年後「なりたい自分」「心地よい人生」を叶えるために、今日何ができるのか。成功者や優秀なビジネスパーソンへのインタビューで、「なりたい自分」に向かうためのヒントを探ります。

コミュ力を高めることが“シゴデキ”になる近道!要素・手段別の鍛え方

ビジネスシーンのコミュ力とは、仲良くなるスキルやおしゃべり上手なことではありません。仕事で必要な情報を適切なタイミングで伝え、また受け止め、聞き出す力のこと。仕事をスムーズに進めるうえで欠かせないコミュ力の鍛え方などを解説します。

「傾聴力」とは? 「聞き上手」な人の特徴と鍛える方法

傾聴力とはどのような能力のことを指しているのでしょうか?今回は傾聴力の意義やビジネスシーンで活用するためのコツ、具体的な練習方法などをご紹介します。

仕事は思い通りにいかなくて当然。失敗とカジュアルに付き合うための「絶対悲観主義」

経営学者の楠木建さんに、「絶対悲観主義」というご自身の仕事哲学を伺いました。「たいていの仕事は失敗する。だからこそ淡々と取り組もう」。ビジネス書を賑わせる意識の高い思想に、違和感を覚えてしまう人は必見です。

語彙力とは?「うまく伝わらない」を克服する鍛え方7選

「自分の考えや意図が相手に伝わらない」と困っていませんか?その悩みは、語彙力を鍛えることで解消できるかもしれません。「語彙力」とは「知っている言葉の量」ではなく、「時と場合に合わせた言葉を選んで、相手に伝わる説明ができる力」のこと。もっと…

なくすべきムダと放置すべきムダの見極め方とは。「ムダ作業の減らし方」を専門家に聞いた

少しでも仕事を効率化し、ムダ作業によって生じるストレスを減らしていくために、何ができるのか。株式会社リビカルの代表、元山文菜さんに伺いました。

「なりたい自分」がない人はどんな仕事人生を歩めばいいですか? けんすうさんに聞いてみた

「なりたい自分」を定め、自分のキャラクター設定をチューニングすることで行動を促す「物語思考」の手法について、古川健介(けんすう)さんに伺いました。

デキる部下の報連相とは? イラッとされないための5つのポイント

報連相は、ビジネスマナーの基本とされていますが、ポイントを押さえていないと、効果が出ないことや、上司にイラッとされることも。報連相の定義や重要性、効果的に実践するポイント、注意点などを解説します。

モチベの源泉、ストレスの理由etc.適職診断で分かるのは向いてる仕事だけじゃない?

向いてる仕事が分からない。いまいちやる気が起きない。そんな時は適職診断で自分の仕事をチェックしてみるという方法があります。適職診断は「就活や転職活動で仕事を選ぶ時にやるもの」と思っている方もいるかもしれませんが、実はいろいろな使い道がある…

それ間違っているかも……! キャリアチェンジで失敗しないために注意したい3つの心得

納得のいくキャリアチェンジをするためにはどうすればよいのか。 今回は、キャリアコンサルタントの荒木信雄さんに「キャリアチェンジで失敗しないための心得」を伺いました。

ゼネラリストとは? スペシャリストとの違いと適性人材の特徴を解説

ゼネラリストとは、幅広い分野の知識と能力があり、どのような状況にも対応できる人のこと。ゼネラリストに向いている人の特徴やなりたい人が取りたい行動を紹介します。

管理職にならなければ「楽」か? 越川慎司さんに管理職のメリット・デメリットを聞いてみた

越川慎司さんに管理職とはどういう役割か、定義とメリット、デメリットについてトークしていただいたVoicyレポート記事第二弾。管理職にならなければ本当に楽なのか。「管理職になりたくない」と考える方必見の記事です。

働きがいとは? 報酬よりも成長実感が大事? 越川慎司さんにデータをもとに聞いてみた

働きがいとは、どのような環境・仕事で得られるものなのでしょうか。調査データをもとに越川慎司さんに解説していただきました。働きがいがない、張り合いがないともやもやしている方、必見の記事です!

管理職とはコスパが悪い? 管理職のメリット・デメリット・なりたくない人がすべきこと

かつて管理職とはビジネスパーソンにとって成功への道でしたが、最近はなりたくないと考える人が増えています。管理職の定義や必要なスキル、メリット・デメリットといった基礎知識とともに、管理職にならない選択肢についても解説します。

今すぐ「やめるべき」思考習慣とは? 仕事で結果を出すための感情マネジメント術

心理カウンセラーとしてさまざまなビジネスパーソンのメンタルの問題に向き合ってきた片田智也さんに、感情をマネジメントする方法について伺います。

IT・経理・事務・企画は10年以内になくなる仕事か? 将来なくならない仕事とはどんな仕事?

相次ぐDX化や生成AIの登場で、私たちのビジネス環境は激変しています。 そこで、今年の新入社員に「今の仕事(職務内容)は何年後まであると思うか」を調査したところ、「20年以上」は4割にとどまるという驚くべき結果が出ました。

マンガ家・藤田和日郎に聞く 数え切れないダメ出しを乗り越えて見出した「仕事の本質」

『うしおととら』や『からくりサーカス』などの作品で知られるマンガ家・藤田和日郎先生に仕事哲学や仕事に向き合う姿勢を伺いました。

“会社の犬”にはなりたくないあなたへ。楽天で唯一「兼業・勤怠自由」の社員が教える、組織で健やかに働くコツ

楽天の社員として唯一「フェロー風社員(兼業・勤怠自由の正社員)」というポジションを得た仲山進也さんに、会社員のまま自由に働くためのコツや極意を学びます。

VUCAの時代とは?時代に取り残されないビジネスパーソンに必要な4つの行動習慣

VUCAの時代とは、変動(Volatility)、不確実(Uncertainty)、複雑(Complexity)、曖昧(Ambiguity)の4つの単語の頭文字をとっており、端的にまとめると「予測困難で不確実な時代」ということになります。 この記事では、ビジネスパーソンとしてVUCAの時…

「ゆるい職場」への不安を解消するには? 人間関係構築術を石川明さんに聞いてみた

上司は優しく、仕事の負荷もほどよく、福利厚生も手厚い、という"ゆるい職場”で焦りや不安を募らせる20代。そんな若手世代が知っておくべきことや人間関係の作り方を石川明さんに学びます。

【例文あり】「頼むの苦手」を克服! 依頼メールの書き方・件名・締めの言葉のコツ

ビジネス依頼メールの書き方、特にメールで初めてお願いごとをする依頼メールに苦手意識を持つ人は少なくありません。また、仕事ができる人やコミュニケーション上手と言われる人は、ビジネス依頼メールの文面にも表れます。この記事では、ビジネス依頼メー…

取るだけ育休? 育休ビンボー? 男性育休にまつわる4つのギモン

「取るだけ育休」とは。男性育休で収入は減少するのか。取得してはいけない雰囲気に、どう備えればいいのか。そもそもなぜ、男性に育休が奨励されているのか。など、育休にかかわる4つのギモンを解説します。今取る人だけでなく「いずれ男性育休を取りたい」…

見づらい資料と見やすい資料の違いとは。パワポ芸人・トヨマネが実例と作り方を徹底解説

見やすいパワポの作り方やパワポ作りの極意をパワポ芸人・トヨマネさんにお伺いしました。見た人を引き込むような、クオリティの高い資料を作るためのコツとは。

「作業者根性」を捨てよ。メン獄さんに「コンサルの仕事術」を聞いたら、思わず背筋が伸びた

メン獄さんに「コンサル流」の仕事術を伺いました。ロジカルシンキングや業務効率化術、コミット力。そんなコンサルタントのスキルや働き方から、プロとして大切な心がけを学びます。

漫画『トリリオンゲーム』に学ぶ、ビジネスで成果を出すマインドとアクション |稲垣理一郎×けんすう 対談(後編)

漫画『トリリオンゲーム』原作者の稲垣理一郎さん、起業家・エンジェル投資家のけんすうさんが対談。新規事業の立ち上げに必要なマインドやアクション、ビジネスで成果を出すための思考法を学びます。

漫画『トリリオンゲーム』に学ぶ、新規事業担当に必要な“資質”|稲垣理一郎×けんすう 対談(前編)

漫画『トリリオンゲーム』を題材に、新規事業の立ち上げ方や進め方を学びます。原作者の稲垣理一郎さん、起業家・エンジェル投資家のけんすうさんの対談から、さまざまなテクニックをご紹介します。

人間力とは?仕事が「デキる人」に共通する3つの特徴と鍛え方

仕事の場でよく耳にする「人間力」という言葉。一見すると抽象的な言葉に聞こえますが、実は内閣府によって定義されている概念のひとつです。今回は、人間力の高い人の特徴や、仕事に生かせる人間力の鍛え方を紹介します。

優秀な人に共通する「解像度の高さ」って何だ? 起業家支援を続ける馬田隆明さんと言語化してみた

ビジネスシーンで使われる「解像度」という概念にはどんな意味があるのでしょうか。また、「優秀さ」と解像度の間にはどんな関係があるのでしょうか。起業家との交流も多い馬田隆明さんと探ります。

“子どもの人気者”となった小島よしおの現在。「来年、消える芸人」からYouTuberへ華麗に転身

「そんなの関係ねぇ」のネタでブレイクしたお笑い芸人・小島よしおさんは現在、子どもたちの人気者としてYouTubeなどで活躍しています。子どもにターゲットを絞る、という小島さんの決断の裏側に迫ります。

失礼にならない褒め方のコツ3選。相手別タイミング別褒めるポイントと褒め言葉一覧

褒め言葉は、職場の人間関係を円滑にして仕事を遂行する上で非常に効果的です。なぜ褒めることが効果的なのか、どのように褒め言葉を使っていけばいいのか、「褒め方のコツ3箇条」などと併せて解説します。

【3分で分かる】ファーストペンギンの意味とは? ビジネスのファーストペンギンの特徴や思考を解説

ファーストペンギンとはリスクを恐れず未開拓の分野に挑戦する人のこと。現状を維持していれば一見安定しているようでも、時代の変化に取り残されていずれ衰退してしまう。だから先頭に立って現状を変えていくファーストペンギンはどのような企業、分野にと…

【3分で分かる】成功者の特徴と習慣を徹底分析! なりたい自分になるために今日からできることは何?

何をもって「成功」と捉えるかは人それぞれ。しかし、自分なりの「将来こうなりたい」という成功イメージを若いうちから持ち、目標に据えて過ごすことは、人生にプラスになります。この記事では成功者の特徴や習慣を紹介し、実践に落とし込むヒントをお伝え…

コスメのクチコミアプリ「LIPS」がユーザーを“熱狂”させられる理由|AppBrew・深澤雄太

900万DLを誇るコスメクチコミアプリ「LIPS」を運営する、株式会社AppBrewの代表取締役・深澤雄太さんに、プロダクト開発の裏側やこれまでの失敗体験をお伺いします。LIPSが先行者も多いクチコミサービスの市場で多くのユーザーの心を掴んだのはなぜでしょう…

決済とビジネスを民主化したい。180万ショップの「個人・スモールチーム」に向き合う、EC業界のファーストペンギン・神宮司誠仁

ネットショップ作成サービス「BASE」のプロダクトマネージャーであり、BASE株式会社の執行役員を務める神宮司誠仁さんに、プロダクトづくりにかける思いを伺います。BASEはレッドオーシャンのEC業界で、徹底して「個人やスモールチーム」にフォーカスすると…

男性が育児休暇を取得するのは難しい?経験者が語る、仕事への影響と育児参加の重要性

<プロフィール>鈴木 良太。デジタルマーケティング部のリーダーとして全社のデータ文化推進やマーケティング支援を担当。妻と2歳の息子を持つパパ。奥様は2020年に第一子を出産、現在もフリーランスのエンジニアとして活躍中。夫婦で協力して家事・育児を…

長井短さんが「クォーターライフクライシス(20代後半の危機)」を克服できた理由

「クォーターライフクライシス」を経験したという演劇モデルの長井短さんに、当時の心理やその克服方法を伺いました。クォーターライフクライシスとは、20代後半頃に訪れる、幸福感が低迷する時期のこと。長井さんは27歳で経験し、今後のキャリアにも悩んだ…

「自分らしく生きる」ってどうすればいいの? 20代から考えたいキャリアプラン【4つのパターンとは】

自分らしく生きたい。自分らしくイキイキ働きたい。そう望んでいる方は多いはず。しかし、転職、独立、フリーランス、移住、二拠点生活など、多様な働き方の選択肢がある今、「自分にとって何が正解?」と迷ってしまうのも事実です。一概に正解があるわけで…

市場価値は「時価」。35歳を過ぎた元自衛官が外資系社員に転職できた理由

30代で外資系企業に異業種転職した、元自衛官のわびさんに、転職の経緯や転職にあたって「自分の武器」を見つける方法を伺いました。「35歳転職限界説」などのジンクスを跳ね除け、キャリアアップや年収増を実現させたわびさん。ツテや経験もないなか、どの…

30歳を前にアパレル店長からエンジニアへ転職。未知の領域でアウトプットを続けたら「自分にしかできない仕事」が見えてきた

アパレル店長からITエンジニアへとキャリアチェンジした山崎大助さんに、未経験の職種で結果を出すための考え方やアウトプットの重要性について伺います。転職を決意した当初はパソコンすらほとんど触れたことがなかったという山崎さんが複数回の転職を経て…

独学を2年続けたら、夢が叶った。30代半ばで3DCGデザイナーに転職した​​千蒸アトリさんの話

独学で3DCGデザイナーに転職した千蒸アトリさんに、独学の具体的な方法や専門知識を得る上での独学のメリットを伺いました。20代の頃は全く異なる職種でキャリアを積んでいた千蒸さんは、なぜ専門学校に通わず、独学を貫いたのか。将来のため新たな知識やス…

遊びのような「個人活動」がキャリアの幅を広げてくれた。モチベーションを見失っていた私が編集長になるまで|近藤佑子

キャリアアップを見据えて、仕事の幅を広げるためには? Webメディア「CodeZine」の編集長を務める近藤佑子さんは、入社3年目の頃にモチベーションの低下に悩まされたそう。そこで目を向けたのが個人活動。近藤さんは勉強会の企画やZINEの制作といった普段の…

「怖い」よりも「好かれたい」という気持ちで。お笑い芸人・丸山礼さんに“目上の人と仲良くなるコツ”を聞いてみた

人間観察力の光るモノマネで大ブレイクし、幅広い年齢層のファンに愛されるお笑い芸人・丸山礼さんに、「目上の人とのコミュニケーション術」を教わります。芸能界に入った頃は人の目を見て話せない「スーパーネガティブ人見知り女」だったという丸山さんは…

転職しないという選択肢。会社の中に目を向けたら、自分らしいキャリアがついてきた

転職することがキャリアアップへの近道というイメージも強まりつつあるなか、新卒入社した企業で20代を過ごし、社内でキャリアアップを果たした株式会社トライバルメディアハウスの鳴海まいさんに寄稿いただきました。入社直後は、希望とは異なる部署に配属…

「才能のない」ラジオディレクター・石井玄さんが年間300本の放送を任されるようになった理由

ラジオディレクターとして活躍し、現在はニッポン放送のプロデューサーとして番組イベントなどを手掛ける石井玄さんにインタビューしました。「オードリーのオールナイトニッポン」や「星野源のオールナイトニッポン」など、大人気番組のディレクターを担当…

スキルの「共通点」は意外なところから見つかる。元バンドマンが営業を“天職”にするまで|堤貴宏

ホットリンク社でインサイドセールスとして活躍する堤貴宏さんが、過去の経験やスキルを生かして異なる世界でサバイブするための方法をつづります。元ヴィジュアル系バンドのギタリストという異色の経歴を持つ堤さんは、32歳まで音楽活動を続け、その後会社…

広告代理店からサッカークラブへ。新天地でマーケターのスキルを生かすためにやったこと|横浜FC・松本雄一

Jリーグの横浜FCでチーム広報部 部長を務める松本雄一さんのキャリアから、新天地で手持ちのスキルを生かすためのコツや心構えを学びます。化粧品会社の営業からデジタルマーケターに転身し、さらに大好きなサッカー界に飛び込んだ松本さん。サッカー界でも…

自分の選択を後悔してもいい。選んだ道を正解にするための「辻褄合わせ」はいらない。

新卒で入社した大手企業から1年でベンチャー企業に転職し、現在はフリーライターとして活躍する川代紗生さんにインタビュー。20代のころは自分のキャリア選択を正解にする努力を重ねてきた川代さん。しかし、30歳を前にキャリア観が転換。自分の選択を正解に…

「やりたい仕事」が100%向いてなくてもいい。集英社でゲーム事業を立ち上げた森通治さんの話

集英社が長い歴史の中で立ち上げたゲーム事業。そのプロデューサーとして、集英社ゲームクリエイターズCAMPなどのプロジェクトを推進する森通治(もりみちはる)さんに、「やりたいこと」でキャリアを築く方法を伺いました。大のゲーム好きという森さんです…

やりたいことの「本質」に近づくまで。Amazonからタオルメーカーに転職した牟田口武志さんの仕事遍歴

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)、Amazonを経て地方中小企業のIKEUCHI ORGANICに異業種転職した牟田口武志さんにインタビュー。複数回の転職と、現在の職場での仕事を通じて、どのように「やりたいことの本質」に気付いていったかについて伺いま…

こうして私の仕事はホームパーティーになった。ある会社員が実践した、副業でキャリアを作る戦略

会社員のかたわら「ホームパーティープランナー」として活動を続ける村上あゆ美さんに副業でキャリアを作るための戦略をお伺いするインタビュー。ホームパーティーという「好きなこと」を見つけ、「村上あゆ美=ホームパーティー」というポジションを築くま…

スキルを高めて「やらないこと」を決める。テレビの派遣ADだった僕が“副業”のYouTubeに賭けた理由|街録ch・三谷三四郎

YouTubeチャンネル『街録ch~あなたの人生、教えて下さい~』を運営する三谷三四郎さんがテレビディレクター時代を振り返りながら、副業とキャリアの関係についてつづります。テレビ時代から自分のスキルを生かす場所を探して試行錯誤してきた三谷さん。映像…