朝の時間を活用したら心の余裕ができて仕事の生産性も上がった。会社員・えいとさんの話

朝の時間を活用したら心の余裕ができて仕事の生産性も上がった。朝活をする会社員・えいとさんの話

朝の時間を有効活用している社会人にその活動内容をお聞きするシリーズ企画「モーニングルーティン〜朝を制する社会人〜」。今回は早朝に起きて勉強やジム通いする様子をYouTube等で発信する社会人歴4年目(2022年3月時点)のえいとさんにインタビューしました。

何かと時間に追われることが多い働き盛りの社会人。なかには昨今のリモートワークで仕事の切れ目が付きづらくなっている人もいそうです。

限られた一日の時間をどのように活用するか。一日の始まるとなる「朝」に注目し、朝の活動が仕事をはじめ、働き方や生き方にどのような影響をもたらしているかをお聞きします。

***

Q.)朝の活動を始めた経緯を教えてください。

きっかけは趣味のジム通いでした。学生の時からダンベルなどを用いるフリーウェイトをやっていて、社会人になってからは仕事帰りに週3~4日通っていました。でも、それだと混む時間帯なので待ち時間が生まれて「勉強とか他のことに時間を回したい。もったいないな」と思ったんです。そこで、人がいない朝にジムへ行くことに。それまではむしろ夜型の生活でした。

この朝の活動を始めたのは社会人2年目の頃です。仕事も任されることが増えてきたので、限られた時間を効率的に活用したい思いが強くなりました。そうして今では、ジム通いと、もともとやっていた仕事で必要な英語を中心とした勉強に朝の時間を使っています。


Q.)なぜ夜ではなく朝の時間が大事なのでしょうか。

社会人歴4年目のえいとさんが、朝の時間を有効活用して活動する理由

大きくは2つあります。

1つは、心の余裕が生まれるから。朝の活動を始める前は、ギリギリに起きてギリギリの電車に乗るという生活をしていました、でもそれだと会社に着いてからも、精神的な体力を削られた状態で仕事に向かうことになるので、パフォーマンスが落ちてしまうんですね。

もう1つは、心の余裕のおかげもあって生産性が上がるからです。もともと勉強も夜にやっていたのですが、僕の場合、夜だと仕事のことが気になってしまうタイプなので、朝にやる方が、勉強の密度が濃くなるんですよね。

それに朝って始業時間があるので、明確に終わりの時間が決まっています。そうなると、始業時間に向けて自分でタイムマネジメントすることになり、勉強も趣味もメリハリが付きます。勉強も大事ですが、プライベートも充実させたいので生産性は大事です。


Q.)実際の朝のルーティンを教えてください。

(平日)
4:00 起床
4:15〜5:15 ジム
5:30〜6:30 勉強
6:30〜7:00 会社に行く支度
7:15〜8:15 会社近くで勉強


(休日)
4:00 起床
4:15〜5:15 ジム
5:30〜8:00 勉強
8:00〜 予定に合わせて調整(土日は友達との予定や動画制作などプライベートの時間も大切に)

※2022年1月時点


Q.)朝のルーティンが定着するまでの工夫を教えてください。

無理は禁物なので睡眠時間(約6時間)をちゃんと確保すること。そのために就寝時間と起床時間にある程度バッファを取っています。仕事が予定通りに進まないこともあるので、気持ちの余裕を持つことが大事です。

それから、起きる時間をYouTubeなどで宣言したり、僕自身が今朝活のコミュニティを作っているのですが仲間を作ったりするのも、モチベーションを維持するうえで工夫の一つかなと思います。

あとは環境を整えることもすごく大事です。冬だとエアコンのタイマー機能を使って起床前に部屋を暖める。目覚まし時計もこだわっていて、光る目覚まし時計を導入しています。音も爆音で鳴るんですけど、音と光の両方を使って起きるようにしています。自分が起きやすい環境のトライ&エラーをして最適化をはかっていますね。

そしてもっとも大事なのは、自分が成し遂げたいことが何なのかを明確にすることだと思います。

例えば僕はずっと海外と関わりたいと思っているんですね。なので将来は海外駐在してそこで新しいビジネスを作ったり、統制されていない現行法人で制度をきちんと整えたりしたいと思っています。そうなると英語の能力を高めないといけなくて、朝の活動は目標ではなく目的を達成するための手段だと考えています。目標が明確だと士気も高まります。


Q.)朝の活動が仕事にもたらした変化や影響について教えてください。

社会人歴4年目のえいとさんに聞く、朝の活動が仕事にもたらした変化や影響

先ほど言ったように朝にシフトすることによって、心の余裕が生まれて、そこからパフォーマンスの向上につながっていっているように思います。特に、自分でしっかりタイムマネジメントができるようになった感覚があります。

そんな状態のなかで、昔からやっていた「ゼロ秒思考*1」で始業前に今日やることなどを整理すると、作業の効率がかなり良くなりました。仕事内容が異なるのでもちろん単純に比較することはできませんが、残業時間は同僚に比べると倍ほど少なそうです。

また仕事だけではなく、YouTubeでコメントをもらったり、コミュニティを作って同じ志の人と触れ合えたり、こうやってインタビューを受けたり、人間関係が広がっていることもうれしい変化ですね。


いろんな人の時間の使い方

お話を伺った方

えいと。社会人歴4年目(2022年1月時点)の会社員。朝の活動の様子をYouTubeやTwitterで発信する。同じ会社員や学生から多くの支持を集める。

えいと
社会人歴4年目(2022年1月時点)の会社員。朝の活動の様子をYouTubeやTwitterで発信する。同じ会社員や学生から多くの支持を集める。
YouTube:えいと / STUDY BLOG Twitter:@EITO_STUDYBLOG

*1:A4の紙にテーマに沿って1分間メモを書くことで「考える力」を鍛える手法