「やりたいことは全部やる」という選択(後編) | 菊間千乃×工藤阿須加

弁護士の菊間千乃さんと俳優の工藤阿須加さんによる、明日の働き方のヒントが得られるスペシャル対談(後編)。

仕事は「言葉選び」が9割。安達裕哉が「話す前」に考えていること

企業のコンサルティングやメディア運営など「言葉」にまつわるビジネスを手がける安達裕哉さんに、ビジネスシーンにおける言葉選びの極意について伺いました。

管理職とはコスパが悪い? 管理職のメリット・デメリット・なりたくない人がすべきこと

かつて管理職とはビジネスパーソンにとって成功への道でしたが、最近はなりたくないと考える人が増えています。管理職の定義や必要なスキル、メリット・デメリットといった基礎知識とともに、管理職にならない選択肢についても解説します。

今すぐ「やめるべき」思考習慣とは? 仕事で結果を出すための感情マネジメント術

心理カウンセラーとしてさまざまなビジネスパーソンのメンタルの問題に向き合ってきた片田智也さんに、感情をマネジメントする方法について伺います。

「やりたいことは全部やる」という選択(前編) | 菊間千乃×工藤阿須加

弁護士の菊間千乃さんと俳優の工藤阿須加さんによる、明日の働き方のヒントが得られるスペシャル対談(前編)。

三井住友銀行のインハウスデザイナーにプロジェクト推進術を学ぶ。若いチームが大組織を動かすコツとは

三井住友銀行(SMBC)のインハウスデザイナーの皆さんに、組織の動かし方を伺います。若いチームが、メガバンクという伝統的な組織に新たなカルチャーを浸透させるまでの経緯とは。

IT・経理・事務・企画は10年以内になくなる仕事か? 将来なくならない仕事とはどんな仕事?

相次ぐDX化や生成AIの登場で、私たちのビジネス環境は激変しています。 そこで、今年の新入社員に「今の仕事(職務内容)は何年後まであると思うか」を調査したところ、「20年以上」は4割にとどまるという驚くべき結果が出ました。

小説家/新川帆立 | 雲をつかむ夢と捉えず具体的な策を考える

しんかわ・ほたて/1991年米国生まれ、宮崎県育ち。東京大学法学部卒業後、弁護士として勤務。『元彼の遺言状』(『このミステリーがすごい!』大賞の大賞受賞作)で2021年にデビュー。最新刊『縁切り上等! 離婚弁護士 松岡紬の事件ファイル』(新潮社)が…

マンガ家・藤田和日郎に聞く 数え切れないダメ出しを乗り越えて見出した「仕事の本質」

『うしおととら』や『からくりサーカス』などの作品で知られるマンガ家・藤田和日郎先生に仕事哲学や仕事に向き合う姿勢を伺いました。

劇作家・演出家/加藤拓也 | 好奇心で歩んだ先に今の仕事があった

かとう・たくや/1993年大阪府生まれ。2013年結成の「劇団た組」主宰。23年8月26日(土)からシアタートラム(東京・三軒茶屋)にて上演予定の舞台「いつぞやは」(主演:窪田正孝)の作・演出、9月8日(金)から全国公開予定の映画『ほつれる』の監督・脚本…

作家/三浦しをん | 就活が全滅でも、そこに道を開くものがあった

みうら・しをん/1976年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞、12年『舟を編む』で本屋大賞受賞。『風が強く吹いている』など多くの小説が映画やドラマ、アニメ化されている。最新刊『墨のゆらめき』(新潮社)…

“会社の犬”にはなりたくないあなたへ。楽天で唯一「兼業・勤怠自由」の社員が教える、組織で健やかに働くコツ

楽天の社員として唯一「フェロー風社員(兼業・勤怠自由の正社員)」というポジションを得た仲山進也さんに、会社員のまま自由に働くためのコツや極意を学びます。

VUCAの時代とは?時代に取り残されないビジネスパーソンに必要な4つの行動習慣

VUCAの時代とは、変動(Volatility)、不確実(Uncertainty)、複雑(Complexity)、曖昧(Ambiguity)の4つの単語の頭文字をとっており、端的にまとめると「予測困難で不確実な時代」ということになります。 この記事では、ビジネスパーソンとしてVUCAの時…

「ゆるい職場」への不安を解消するには? 人間関係構築術を石川明さんに聞いてみた

上司は優しく、仕事の負荷もほどよく、福利厚生も手厚い、という"ゆるい職場”で焦りや不安を募らせる20代。そんな若手世代が知っておくべきことや人間関係の作り方を石川明さんに学びます。

俳優/岡田将生 | 逃げ道をなくすことで進むべき方向を鮮明に

おかだ・まさき/1989年東京都生まれ。2006年デビュー。近年の出演作に映画『ドライブ・マイ・カー』、ドラマ「ゆとりですがなにか」「ザ・トラベルナース」、ナレーションを務める番組「SWITCHインタビュー達人達」(毎週金曜日放送中)など。清原果耶さん…

【例文あり】「頼むの苦手」を克服! 依頼メールの書き方・件名・締めの言葉のコツ

ビジネス依頼メールの書き方、特にメールで初めてお願いごとをする依頼メールに苦手意識を持つ人は少なくありません。また、仕事ができる人やコミュニケーション上手と言われる人は、ビジネス依頼メールの文面にも表れます。この記事では、ビジネス依頼メー…

脚本家・演出家/西田征史 | やり続けていたから次の夢が見えてきた

にしだ・まさふみ/1975年東京都生まれ。学習院大学法学部卒業。ドラマや舞台、アニメなどの脚本のほか映画監督や舞台演出なども手掛ける。2023年6月26日(月)から東京建物 Brillia HALL(池袋)で上演予定のミュージカル「SUNNY」の脚本・演出を担当。

取るだけ育休? 育休ビンボー? 男性育休にまつわる4つのギモン

「取るだけ育休」とは。男性育休で収入は減少するのか。取得してはいけない雰囲気に、どう備えればいいのか。そもそもなぜ、男性に育休が奨励されているのか。など、育休にかかわる4つのギモンを解説します。今取る人だけでなく「いずれ男性育休を取りたい」…

俳優/加藤諒 | 仕事をつかみ取るため、怖いけど一歩踏み出した

かとう・りょう/1990年静岡県生まれ。多摩美術大学の映像演劇学科卒業。2000年にテレビ番組「あっぱれさんま大先生」でデビュー。PARCO劇場にて23年6月25日(日)まで上演中の舞台「新ハムレット~太宰治、シェイクスピアを乗っとる!?~」に出演中。

見づらい資料と見やすい資料の違いとは。パワポ芸人・トヨマネが実例と作り方を徹底解説

見やすいパワポの作り方やパワポ作りの極意をパワポ芸人・トヨマネさんにお伺いしました。見た人を引き込むような、クオリティの高い資料を作るためのコツとは。

「作業者根性」を捨てよ。メン獄さんに「コンサルの仕事術」を聞いたら、思わず背筋が伸びた

メン獄さんに「コンサル流」の仕事術を伺いました。ロジカルシンキングや業務効率化術、コミット力。そんなコンサルタントのスキルや働き方から、プロとして大切な心がけを学びます。

漫画『トリリオンゲーム』に学ぶ、ビジネスで成果を出すマインドとアクション |稲垣理一郎×けんすう 対談(後編)

漫画『トリリオンゲーム』原作者の稲垣理一郎さん、起業家・エンジェル投資家のけんすうさんが対談。新規事業の立ち上げに必要なマインドやアクション、ビジネスで成果を出すための思考法を学びます。

漫画『トリリオンゲーム』に学ぶ、新規事業担当に必要な“資質”|稲垣理一郎×けんすう 対談(前編)

漫画『トリリオンゲーム』を題材に、新規事業の立ち上げ方や進め方を学びます。原作者の稲垣理一郎さん、起業家・エンジェル投資家のけんすうさんの対談から、さまざまなテクニックをご紹介します。

ずっとここで働くのはムリだな。ワーママ調査から見えた働きやすさのヒント

仕事は多くの人にとって生活手段(収入手段)という一面がある以上「働き続けられる仕事か」ひいては「働きやすい仕事か」は無視できないポイントのはずです。そこで、ワーキングマザーの調査データをもとに働きやすい職場のヒントを探りました。

小説家/宮島未奈 | 一度諦めた夢に再び向き合う時がきた

みやじま・みな/1983年静岡県生まれ、滋賀県在住。京都大学文学部卒業。短編小説「ありがとう西武大津店」で2021年に「女による女のためのR-18文学賞」の大賞、読者賞、友近賞を受賞。同作を含む連作短編集『成瀬は天下を取りにいく』(新潮社)が発売中。

人間力とは?仕事が「デキる人」に共通する3つの特徴と鍛え方

仕事の場でよく耳にする「人間力」という言葉。一見すると抽象的な言葉に聞こえますが、実は内閣府によって定義されている概念のひとつです。今回は、人間力の高い人の特徴や、仕事に生かせる人間力の鍛え方を紹介します。

俳優/勝地涼 | 仕事を真剣にとことん楽しむ先輩たちに学んだ

かつぢ・りょう/1986年東京都生まれ。2000年にドラマで俳優デビュー。近年の出演作に舞台「世界は笑う」、ドラマ「忍者に結婚は難しい」、『映画 ネメシス 黄金螺旋の謎』など。23年5月2日(火)から東京・渋谷のPARCO劇場で上演予定の舞台「夜叉ヶ池」に主…

【よくある誤解】昇給1割。それでもリスキリングをするメリットは?

リスキリングとは、新しい職業や今の職業で必要とされるスキルの大幅な変化に適応するために必要なスキルを獲得する/させること。一方で昇給につながらないという調査結果も出ています。リスキリングをするメリットは何か、改めてデータをもとに探ります。

優秀な人に共通する「解像度の高さ」って何だ? 起業家支援を続ける馬田隆明さんと言語化してみた

ビジネスシーンで使われる「解像度」という概念にはどんな意味があるのでしょうか。また、「優秀さ」と解像度の間にはどんな関係があるのでしょうか。起業家との交流も多い馬田隆明さんと探ります。

元宝塚歌劇団娘役/早花まこ | 悔しさはエネルギーに転換して新たな挑戦を

さはな・まこ/東京都出身。2002年に宝塚歌劇団へ入団し、20年の退団まで雪組の娘役として活躍。劇団の機関誌『歌劇』で連載コーナーの執筆を8年にわたって務める。3月に初めての著書『すみれの花、また咲く頃 タカラジェンヌのセカンドキャリア』(新潮社)…

「THIRD石垣島」仕掛け人・佐々木優也|天才じゃないから、“スピード”で勝負する

スターリゾート株式会社の代表、佐々木優也さんに「THIRD石垣島」運営の裏側やビジネスのこだわりを伺いました。リゾートホテルに縁のないキャリアだった佐々木さんはどんな経緯で業界に参入したのでしょうか。

“子どもの人気者”となった小島よしおの現在。「来年、消える芸人」からYouTuberへ華麗に転身

「そんなの関係ねぇ」のネタでブレイクしたお笑い芸人・小島よしおさんは現在、子どもたちの人気者としてYouTubeなどで活躍しています。子どもにターゲットを絞る、という小島さんの決断の裏側に迫ります。

失礼にならない褒め方のコツ3選。相手別タイミング別褒めるポイントと褒め言葉一覧

褒め言葉は、職場の人間関係を円滑にして仕事を遂行する上で非常に効果的です。なぜ褒めることが効果的なのか、どのように褒め言葉を使っていけばいいのか、「褒め方のコツ3箇条」などと併せて解説します。

演出家/藤田俊太郎 | もがいていたら見えてきた、挑戦したい仕事

ふじた・しゅんたろう/1980年秋田県生まれ。東京藝術大学美術学部先端芸術表現科卒業。代表作にミュージカル「ジャージー・ボーイズ」、「天保十二年のシェイクスピア」など。PARCO劇場(東京・渋谷)にて2023年4月9日(日)から上演予定の舞台「ラビット・…

雑談歓迎57.6%。「新人潰し」の上司・先輩にならないために覚えておきたいこと

上司や先輩として新入社員を迎える側が覚えておきたいコミュニケーションのコツを、データをもとに探ります。メンバーがのびのびと能力を発揮できる環境を作っていくことは、年次や役職を問わずビジネスパーソンなら誰しも求められるところです。

夢みた仕事でなくても(後編) | ジェーン・スー×和田明日香

コラムニスト、ラジオパーソナリティーのジェーン・スーさんと料理家、食育インストラクターの和田明日香さんによる、明日の働き方のヒントが得られるスペシャル対談(後編)。

デザイナー・前田高志の発想術|仕事は基本「つまらない」。だからこそ、ゲーム感覚と偶発性が大事

任天堂を経て、現在は株式会社NASUの代表取締役を務める前田高志さんに、斬新なクリエイティブを次々と生み出すためのアイデア発想法や仕事上のルールについて伺いました。デザイナーとしては「本流ではない」と語る前田さんの哲学とは。

夢みた仕事でなくても(前編) | ジェーン・スー×和田明日香

コラムニスト、ラジオパーソナリティーのジェーン・スーさんと料理家、食育インストラクターの和田明日香さんによる、明日の働き方のヒントが得られるスペシャル対談(前編)。

日常の幸せを切り取り、やさしい世界を作る。出張撮影のゲームチェンジャー・駒下純兵

出張撮影プラットフォーム「ラブグラフ」の創業者・駒下純兵さんに、ビジネスモデルや写真業界の今後について伺いました。「記念写真」の概念を大きく変えたラブグラフはどん底からいかに這い上がったのでしょうか。

【3分で分かる】ファーストペンギンの意味とは? ビジネスのファーストペンギンの特徴や思考を解説

ファーストペンギンとはリスクを恐れず未開拓の分野に挑戦する人のこと。現状を維持していれば一見安定しているようでも、時代の変化に取り残されていずれ衰退してしまう。だから先頭に立って現状を変えていくファーストペンギンはどのような企業、分野にと…

人間の仕事を「奪う」のではなく「広げる」。AIモデルが買い物体験を変える未来|AI model・中山佑樹

AI model社のCTO・中山佑樹さんに「AIのモデル」を作れるサービス「AI model」の企画・開発の裏側、サービスの着想からリリース、現在へ至るまでの試行錯誤について伺いました。

「無敗営業」高橋浩一の質問力|デキる営業はお客さまの返事を待たない

『無敗営業』などの著書で知られる営業コンサルタントの高橋浩一さんに、営業メソッドをお伺いしました。もともとは極端な人見知りだったという高橋さんが苦手なコミュニケーションを克服し、“無敗営業”に昇り詰めるまでの経緯とは。

【CASE13】エンジニア(ソフトウェア系) × 小型レーダー衛星の開発・運用

小型レーダー衛星の開発・運用にかかわるITエンジニアの仕事について、QPS研究所の田中 周一さんにお話を伺いました。

【調査データ】働きがいクライシス、克服の鍵は?

「働きがい」というと給料や待遇の良し悪しが第一に浮かびがちですが、調査データを見ると、実はもっと大事なことがあるようです。そこで、働きがいはどんな職場で得られるのか、データをもとにキャリアのヒントを探ります。

俳優/瀬戸康史 | 自分をオープンにしてその場の居心地を良く

せと・こうじ/1988年福岡県生まれ。2005年デビュー。22年、映画『愛なのに』で第44回ヨコハマ映画祭主演男優賞を受賞、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で北条時房を演じた。23年2月8日(水)からPARCO劇場(東京・渋谷)にて上演予定の舞台「笑の大学」に出…

「衣装予報」「人間観察」。芸人「コットン」の、独特なSNS活用法

お笑いコンビ「コットン」の西村真二さん、きょんさんにSNSの活用術をお伺いします。西村さんはTwitterの「衣装予報」で、きょんさんはTikTokやInstagram、YouTubeでの「人間観察動画」で今注目を集めています。その裏側にあった、ある種"型破り"な芸人とい…

【3分でおさらい】ロボットで世界はどう変わる? 最新トレンドと注目トピック

目まぐるしいスピードで技術の進化が進むロボット産業。テスラが人型ロボットの家庭向け販売の意向を明らかにするなど、その最新情報に目が離せません。今回はそんなロボットの最新トレンドと注目トピックをご紹介します。

【CASE12】エンジニア(ソフトウェア系) × 超小型衛星の開発・製造・運用

地球観測から深宇宙探査まで行う超小型人工衛星の開発・運用にかかわるITエンジニアの仕事について、アークエッジ・スペースの岩佐 由喜さんにお話を伺いました。

【CASE11】プロジェクトマネージャー × アジア初となる民間商業宇宙港の運営

アジア初の民間商業宇宙港となる『北海道スペースポート』におけるプロジェクトマネージャーの仕事について、SPACE COTANの大出 大輔さんにお話を伺いました。

俳優/倉科カナ | かなえたい夢は書くことで明確にする

くらしな・かな/1987年熊本県生まれ。2006年芸能界デビュー。09年NHK連続テレビ小説「ウェルかめ」のヒロイン役を射止める。以降、多くのドラマや映画、舞台で活躍。KAAT神奈川芸術劇場(横浜市中区)にて2月25日(土)から上演予定の舞台「蜘蛛巣城」に出…